コウモリ駆除で快適暮らし|業者選びのコツ!

男性作業員

自分で駆除できない

スタッフ

コウモリは洞窟などに生息をしているイメージがあります。ですが、このコウモリは自宅の瓦の下や天井裏、換気口、倉庫などの隙間から侵入し、棲みつくことがあります。日本に生息する種類としては、アブラコウモリといった種類になります。この動物の特徴としては、暗灰褐色で比較的に小さな体をしています。また、コウモリは夜行性で、春から秋頃にかけて活動を行ないます。雌は一度に多くて4頭の子供を出産します。コウモリは家族単位で暮らすので、いつの間にか数が増えているということもあります。自宅に棲みついているというのに気付かずに生活をしていると、100匹以上のコウモリがいたというケースもあります。

コウモリが自宅に住みついてしまうと、その場所で糞や尿をします。同じ場所にされてしまうと、天井に染みが現れてしまいます。また、そのまま放置していると、部屋では悪臭がしたり、菌が空気中を飛び感染症を引き起こしたりしてしまいます。体毛にはダニやノミが寄生しており、布団やカーペット、枕などに侵入してしまうと二次被害を与えてしまうこともあるのです。そうならないためにも、コウモリ駆除を行なう必要があります。

コウモリ駆除は無許可で処理するのは禁止されています。鳥獣保護法といった法律がされており、許可無しで行なうと罰せられてしまいます。そうならないためにも、コウモリ駆除を行っている専門業者の方に依頼した方が最適だといえます。プロの方がコウモリ駆除を行ってくれて、自宅に住む害獣を追い出してくれます。